かしこく利用でお得【木材利用ポイント使っちゃお】

Real estate

設計事務所の詳細

設計事務所とハウスメーカーの契約の流れの違い

注文住宅を建築する為には建築会社に設計や施工を依頼する必要があります。建築会社というのはハウスメーカーや工務店などのことを指します。中でも設計事務所というのはより自由度の高い家を設計することができるのです。とはいえハウスメーカーの場合には建築会社と契約する前にいくつかのハウスメーカーと商談をして提示された設計書や費用を見て納得をして初めて建築会社と契約を行います。しかし設計事務所の場合少し特殊で間取りなどの設計を考えてもらうためにはまず事務所と契約する必要があります。もちろんどのような住宅をイメージしているか、予算はどのくらいかなどの聞き取りが事前に行われ建築主も事務所がどのような特徴を持っているのかを知ることはできます。ただ多くの設計事務所では間取りを提示してもらうためには設計契約を結ぶ必要があるのです。

多くの知識が必要で意思やイメージがはっきりしている人に向いている建築会社

設計事務所は一般的には自由度の高い住宅が建築できるのですが、設計事務所で住宅を設計している人のほとんどが建築士です。専門の資格を持っていたりある分野を得意としている人が多いのでよりこだわりが強い人が多いのです。中には建築士の意見を是が非でも通したいという人もいます。もちろん建築主と建築士で完成のイメージが近い場合は意見を通してもらうことでより優れた住宅が建築できる場合もあります。とはいえこうしたケースは非常に少ないといえます。是が非でもという人は少ないにしても専門家であるプライドを持っている人も多く建築主も強く主張できる人に向いているといえます。更にゼロから住宅を建築をスタートする必要があるので建築主もより多くの知識を持つ必要があるといえます。